ニュース一覧

所得税や相続税の対策を

お金と電卓

将来を考えたプランニング

医師が個人として問題を検討し、対策を講じていきたい税金として所得税と相続税の節税対策が挙げられます。医師は高収入の方も多いですが、毎年の申告を考えて事前に節税対策を実行していかないと、せっかくの高収入も高い税率が課せられて、実際の手取り金額は少なくなってしまいます。節税対策には様々な方法が考えられますが、医師が実践している節税対策の1つに賃貸経営があります。賃貸用のマンションやアパートなどを購入すると、計算上の費用として減価償却費が計上できます。不動産の経年劣化による価値減少を経費として計上できるものですが、これによって当初は不動産所得が赤字となるため、損益通算をすることで医師として得た給与所得や事業所得を減らして税負担の軽減が期待できます。相続税対策としては、病院などを経営しており、現在は親世代が院長を務めたり、経営を行っているという場合、将来、相続が発生したときのことを考えて、親の生前から対策をとることが大切となります。親が死亡しても病院の経営が継続でき、残された家族も不安なく生活できるように対策を講じる必要があります。相続税の負担が大きすぎると現金がほとんど税金としてとられたり、現金での支払いができずに不動産などで物納するリスクも高まりますので、生前からの適切な節税は不可欠です。自ら経営をされている方も、将来を見据えて所得税と相続税の対策を講じていくことで安定した資産形成にも繋がります。

Copyright© 2018 医師向けの節税対策!給与所得控除の節税メリット All Rights Reserved.