ニュース一覧

開業医の資産形成サポート

男女

専門家に相談しよう

医師が独立開業を目指すうえでは開業資金や運営資金を準備するための資産形成が必要になります。病院やクリニックなどの種類や規模、診療科目にもよりますが、医療機器1台でも億単位の費用が必要になるものもあり、患者や地域の方に信頼される環境を整えた医療機関を開業するにはしっかりとした資金計画が必要になってきます。医師は副業やアルバイト勤務が当然のように行われており、勤務医であっても収入源が複数に分かれるなどします。日々の業務に忙しい中で収支の把握ができず、気づいたら収入はアップしたのに多額の税金がかかり、所得が少なくなってしまうという事態も起こります。将来の独立開業資金を得るためにも適切に節税をしながら資産形成をすることが望まれます。多忙な医師が専門外の節税対策や資金計画を実行するのは難しいこともあるので、税理士やファイナンシャルプランナーなどのコンサルタントのサポートを受けるのがおすすめです。開業してからは医療機関としての経営マネジメントと、医師個人としての収支の管理や節税対策が必要になってきます。節税対策としては所得税だけでなく、将来の相続税の節税に向けた生前対策も重要となり、妻や子ども、孫などへの生前贈与や賃貸不動産を購入するなどの対策が検討されます。税負担を抑えつつ、より高度で設備の優れた医療機関への投資や、自分の老後の安心、家族へ残す財産形成ができるよう、専門家から資産形成のアドバイスと実行サポートを得ましょう。

Copyright© 2018 医師向けの節税対策!給与所得控除の節税メリット All Rights Reserved.