ドクター

安定した営業に必要な要素

医師に特化したコンサルティング業者の強みは、節税対策と資産形成の両立を基本とし、綿密なスケジューリングや調査結果に基づいたアドバイスを的確に行えることです。その為、独立開業や安定した医院運営を目指す医師にとって、順調な資金集めを実現させる上で、非常に頼りがいのある存在と言えます。

ニュース一覧

電卓

税負担を抑えて資産形成を

医師が将来のための資産形成や適切な節税を行っていくうえでは、プロによるコンサルティングサービスを受けるのがスムーズです。専門家によるアドバイスや対策の実行サポート、帳簿管理や申告書作成まで幅広くサポートしてもらえます。

医師

まずは無料相談から

医師の節税対策のアドバイスやサポートをしてくれるコンサルティング会社の費用は、地域や相談内容、単発相談なのか継続的な顧問契約を結ぶのかによっても異なります。相続税の節税の場合は相続財産の何%という設定のところもみられます。

配偶者の給与が有効です

女性

医療法人として経営します

医師の節税で一般的に使われるのが、個人経営から医療法人に移行して、配偶者などの家族を医療法人の理事や従業員にすることで、家族に給与を支払う方法です。給与を受け取る家族の給与にも課税はありますが、給与所得には給与所得控除がありますので、節税効果があります。医師自身も理事長などに就任することによって、医療法人から給与を得ることで、給与所得控除の節税メリットを受けられます。重要なことは、勤務の実態があることです。医師は実際に診療をしていますので、給与を得ることに問題はありません。家族が理事や従業員として給与を得ている場合に、単なる節税目的ではなく、給与に見合う勤務、労働の実態があることが必要になります。この点は税務調査においては中心的に調べられますので、名目だけの理事や従業員では認められません。給与は個人にとっては所得になりますが、医療法人にとっては経費なりますので、医療法人の利益を縮小して節税になります。したがって、医師本人以外の家族の勤務実態を税務調査では確認されることになります。理事や従業員になっている家族が他の職業を兼職していることは問題にはなりませんが、理事であれば医療法人の経営に関する意思決定に関与していること、従業員であれば実務に携わっていることが必要になります。家族経営の医療法人の多くは節税目的で設立されていますが、このような勤務実態に関しては税理士などに相談することで対応できます。また、医師だけではなく他の会社でも同じことが言えますが、海外に子会社を置きたいと海外進出を検討している場合は移転価格税制に注意が必要です。移転価格税制は定められた算定方法によって取引価格を決定するのですが、誤った取引価格は色々なトラブルを招いてしまうことがあります。例えば納税漏れがないとしても算定方法を間違えれば納税が漏れていると見なされることがあります。納税が漏れていると判断されてしまった際には課税を行なう必要があるため、二重課税など多く支払うことになるケースもあるため、移転価格税制に関して詳しくないという場合、税理士に相談するようにしましょう。また、移転価格税制に特化した移転価税理士事務所もあるのでそういったところに相談することをおすすめします。

男女

開業医の資産形成サポート

勤務医から開業医を目指しての開業資金作りのための資産形成をはじめ、開業後の医療機関運営や医師個人の生活や老後の生活、家族に残す財産形成のために、適切な節税を行いながらの資産形成が望まれ、専門家によるサポートを受けるのがおすすめです。

お金と電卓

所得税や相続税の対策を

医師が個人として講じるべき節税対策としては、所得税と相続税が挙げられます。所得税に関しては賃貸経営で不動産所得の赤字を損益通算して所得を減らして税負担を軽減する方法などがあり、相続税は生前からの対策が望まれます。

Copyright© 2018 医師向けの節税対策!給与所得控除の節税メリット All Rights Reserved.